子どもの歯並びが気になる~小児矯正~

お子さんにこんなクセありませんか?

成長ともにお子さんのお口の中の環境は変化しており、日常の何気ないクセが歯並びに悪影響を及ぼしていることがあります。頬杖、指しゃぶり、爪や唇を咬む、口呼吸、歯ぎしり、食べ物の丸飲み。このようなクセがあったら注意が必要です。年齢的にまだ早いかなと思ってもご相談ください。生活習慣を変えることから矯正治療をはじめましょう。

子どものうちに矯正をするメリット

一般的には、子どものうちに矯正治療を行ったほうが良いと言われています。成長のスピードや顎の形などによって最適な開始時期に個人差はありますが、早めに治療計画を立てることで次のようなメリットがあります。

抜歯の可能性を減らせる

顎の成長が終わってからの治療では、健康な歯を抜歯しなければならないことがあります。子どものうちに治療をはじめることによって、顎の十分な成長を促して将来的に抜歯の可能性を低減できます。

矯正装置を付ける時間を短縮できる

将来的に永久歯の本格的な矯正治療が必要になっても、大人になってから開始するよりも治療時間を短くできます。

顎の正しい生育を促せる

クセや姿勢、生活習慣などを修正でき、整った骨格バランスを作るためのサポートができます。結果として、永久歯が悪い方向へ生えるのを防ぎ、咬み合わせの調整がスムーズにできます。

コンプレックスを防げる

歯並びや咬み合わせの悪さがコンプレックスとなり、子どもの頃から笑顔に自信が持てないなど、性格の形成に影響を及ぼしてしまうこともありますが、早めに治療することでコンプレックスを防げ、健やかな心の成長を促せます。

悪い歯並びの例

上顎前突(じょうがくぜんとつ) 下顎前突(かがくぜんとつ)
上の歯列全体、もしくは上顎が大きく前に突き出ている状態。いわゆる「出っ歯」。上顎の過成長、下顎の成長が不十分、生まれつき下顎が小さいことで起こる。 下の歯列全体、もしくは下顎が大きく前に突き出ている状態。いわゆる「受け口」。食べ物がうまく咬めず、発音にも影響が出る。
上下顎前突(じょうげがくぜんとつ) すきっ歯
上下の歯列がともに前に突き出ている状態。唇が閉じにくく、転倒したときなどに前歯が折れたり唇が傷付いたりしやすい。 歯と歯の間にすきまがある状態。顎に対して歯が小さい場合や、先天的・後天的も含めて歯の本数が足りない場合に起こりやすい。目立つだけでなく、食べ物が挟まりやすい。
叢生(そうせい) 過蓋咬合(かがいこうごう)
歯がでこぼこにズレていたり、重なって生えていたりする状態。顎が小さく歯がきれいに並ぶスペースが足りない、顎に対して歯が大きすぎといった場合に起こりやすい。代表的なのが「八重歯」。 正面から下の歯が見えないくらいに上の歯列が下の歯列に深く被さっている状態。深く咬みこんだ歯が歯ぐきを傷付けやすいうえに、物を咬みづらい。場合によっては発音にも影響が出る。
交叉咬合(こうさこうごう) 開咬(かいこう)
左右いずれかの奥歯または前歯が横にズレている状態。前歯の中心がズレていることが多い。放っておくと咬む機能が低下し、顔がゆがむおそれがある。 奥歯を咬み合わせたときに上下の歯にすきまができる状態。前歯で物を咬み切ることができず、空気が漏れやすいため、発音に影響が出やすい。指しゃぶりが原因となることがある。

小児矯正メニュー

小矯正

小矯正

すきっ歯や八重歯など、気になる歯を部分的に矯正する治療法です。軽度の歯並びの乱れであればセラミック治療で改善できますが、根本的な治療が必要な場合には小矯正をご提案します。「治療期間が短い」「費用が安価」などのメリットがあります。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

透明に近いマウスピース型の矯正装置を歯に装着し、歯並びを矯正する治療法です。お子さんの歯の大きさや形、歯並びに合わせて作った矯正装置を装着し、治療の段階に合わせて新しい装置に交換しながら徐々に歯を動かしていきます。「透明なので目立ちにくい」「取り外しができるので清潔に使える」などのメリットがあります。

詳しくはこちら≫

これからお子さんを歯医者デビューさせようとお考えの方はこちらをご覧ください。 歯医者へ連れて行く際の注意点

Page top