子どもを歯医者デビューさせたい~歯医者へ連れて行く際の注意点~

将来のお口の健康は歯医者デビューの良し悪しにかかっています!

歯が生えはじめたら、それが歯医者デビューの合図です。乳歯は永久歯に比べとてもやわらかく、唾液での再石灰化の力も弱いため、虫歯になると進行が早いのです。しかし、「お子さんを歯医者デビューさせたいけれど、歯医者嫌いになってしまったらどうしよう……そんなお母さんに、以下では歯医者デビューの際に気を付けていただきたいポイントをお教えします。

お子さんは自分で自分のお口を守るという意識がまだありません。お母さんと一緒に楽しく歯医者に通い、虫歯にならないお口の環境をキープしましょう。

歯医者デビューの際にお母さん方に気を付けていただきたいこと

歯医者に行くとき

お母さんご自身がもし歯医者に対して負のイメージをお持ちならば、まずはそのイメージから改めましょう。子どもはお母さんの些細な不安も感じ取り、同じように負のイメージが付いてしまいます。イメージを変えたら、歯医者に行くとお口がきれいになって気持ちいい、嬉しいという気持ちにさせるようなお声がけを心がけてください。

治療中

治療中にお母さんがそばで見守ってくれていることは、お子さんにとってとても心強く感じられることでしょう。「早くお口を健康にして元気に遊ぼうね」などと声をかけてあげながら優しい気持ちでお子さんの治療を見守ってあげてください。

治療が終わったら

治療をがんばったことをしっかりとほめてあげてください。そして、次回の治療へ気持ちがつながるよう、治療をすると、お口も気持ちもすっきりとすることが認識できるようなお声がけをお願いします。

お子さんの歯を守る方法はこちらで紹介しています。 小児歯科

Page top