スタッフ紹介・
院長インタビュー

  • TOP
  • スタッフ紹介・院長インタビュー

医院メンバー紹介

東村山(ラーレ東村山内)の歯医者「レイデンタルクリニック」の院長のプロフィール&インタビューとスタッフ紹介ページ。地元の患者さんのお口の健康を守るため、スタッフが一丸となりお手伝いいたします。気になることがあれば、ぜひ当院まで足をお運びください。

院長紹介

院長

院長

名前 岩﨑 玲二
経歴 2003年明海大学歯学部 卒業
 三鷹の歯科医院 勤務
2006年吉祥寺の歯科医院 勤務
2012年えんどう歯科医院 勤務
2013年レイデンタルクリニック 開業
インタビュー

――院長の趣味や性格を教えてください。

インタビュー

趣味は、サッカーと野球です。あと、食べることも(笑)。昔、野球部に入っていたのですが、サッカーや野球といった団体競技で学んだチームワークの大切さが、今の歯科医院の運営にも生かせていると思っています。治療は歯科医師だけではできませんからね。歯科助手や歯科技工士、歯科衛生士といったさまざまなスタッフのチームワークに今は支えられています。

性格は、おおらかでやさしいと言われることが多いですね。家族を大切にしているので、そういう一面を見ていただいているのかもしれないです。

――治療のときに気をつけていることは何ですか?

インタビュー

患者さんの話をよく聞くことです。特に、絶対に患者さんの話をさえぎらないように気をつけています。何か一言説明したり誤解を解いたりしたい気持ちになったときでも、お話を伺っている最中はぐっとがまんして、患者さんが話し終わるまでしっかりと耳を傾けるようにしています。その後、「先ほどのこの点は、こういうことなんですよ」とご説明するようにしています。

私は、治療を成功させるためには患者さんとの信頼関係をしっかりと築く必要があると思っています。患者さんの話を途中でさえぎるのは、拒否の姿勢です。それでは信頼は生まれません。患者さんの話をしっかりと受け止めたうえで、こちらの説明も丁寧に行い、理解をしていただく。この積み重ねで患者さんの不安を取り除き、治療に移るようにしています。

――これからどのような医院にしていきたいですか?

インタビュー

先ほども申し上げましたが、私は患者さんとの信頼関係を大切にしたいと思っています。地域の皆さんから「お口の健康に関することならレイデンタルクリニックに任せれば安心」と思っていただけるような医院にすることが目標です。

そのためには、ご近所までちょっと相談に行ってくる、という感じで気軽に来院できる雰囲気づくりが大切だと思っています。「ここに来るとなんだか落ち着く……」そんなアットホームな歯医者にしたいですね。院内は、温暖な気候でのんびりした雰囲気のハワイをイメージして仕上げています。患者さんにハワイに来た気分になっていただけたらと思っています。

――患者さんへメッセージをお願いします。

歯が生えたばかりの赤ちゃんから、おじいちゃん、おばあちゃんまで、歯の健康を通じて末永いお付き合いを願っております。歯とお口のことなら、どんなことでもお気軽にご相談ください。東村山のホームドクターとして、地域の皆さんから頼りにしていただける歯科医を目指します。

スタッフ紹介

歯科医師

名前 風間 文貴
経歴
矯正専門医

名前 風菊池 玄洋
経歴