歯が痛い・しみる~虫歯治療~

虫歯を放置していませんか?

「冷たい物を飲むと歯がしみる」
「食べ物を咬むと歯が痛い」

このような症状があったら、虫歯の可能性があります。常時しみたり痛んだりするわけではないからと放置していませんか? 虫歯は自然に治ることはありません。放っておくと進行してしまい、歯を失ってしまう可能性があります。

少しでも痛みや違和感があったら、早めにご相談ください。早期発見・治療によって、大切な歯を守ることができます。

そのまま放っておくリスク

初期の虫歯を放置すると、やがて菌は歯根にまで達し根の先に膿袋を形成します。さらに放置すると、顎の骨に感染して炎症を起こし、歯を失ってしまうことがあります。また、歯だけでなく全身の健康に影響を及ぼすことも。菌が血管を通って全身の病気を引き起こしてしまう可能性があるのです。

初期の虫歯は歯の再石灰化で解決!

虫歯は、虫歯菌が出す酸によって歯の内部のカルシウムやリンなどが溶け出し(脱灰)、表面のエナメル質に穴をあけることからはじまります。虫歯になってしまったら必ず歯を削るのでは、と思っていませんか? しかし、内部が溶けはじめていても表面に穴があいていない初期の虫歯であれば、再石灰化によって歯を削らない治療が可能なのです。

溶け出したカルシウムやリンを補給して結晶化させるのが再石灰化です。脱灰作用によって失われたミネラルが修復されれば、元の健康な歯に戻ります。当院では、唾液の分泌を促し、リカルデント、キシリトールを使用することで再石灰化しやすい環境を作り、虫歯の進行をくい止めるといった手法で治していきます。

歯がしみる「知覚過敏」

虫歯ではないのに、冷たい物を飲食したときや歯ブラシがあたったときに歯がしみる(痛む)という症状があったら、知覚過敏が考えられます。特徴的な症状は「キーン」という鋭い痛みで、ひどい場合は風があたっただけで痛むこともあります。

知覚過敏の原因は多数ありますが、どの場合も何らかの原因でエナメル質やセメント質が削れ、象牙質が露出していることが共通しています。フッ化物の塗布や痛みのある部分へのレーザー照射、歯科材料(レジンや歯科用セメントなど)によって痛みのある部分をカバーするなどして治療します。

虫歯にならないためには、しっかりと予防をすることが大切です。 予防歯科

Page top