妊娠中に歯が痛くなったら?~マタニティ歯科~

妊娠中の歯の違和感!治療を受けるタイミングを教えます

妊娠中は、ホルモンバランスの変化で、非妊娠時よりもお口のトラブルが起きやすくなります。しかも、つわりがあったり体調も変化しやすかったりと、自身でのケアがしづらくなるのはもちろん、歯医者を受診するタイミングを逃してしまいがちです。

妊娠中にお口の中の環境を整えておくことは、生まれてくる赤ちゃんを守ることにもつながります。歯に違和感がありましたら、まずは当院にお越しください。その際には、妊娠中であることを忘れずにお伝えください。麻酔や検査、処方薬に配慮し、妊娠期に応じた治療、処置を行います。

お口の環境の変化に要注意!

妊娠中は、非妊娠時よりも虫歯・歯周病に注意が必要です。お口の状態に違和感を覚えたら、早めに受診しましょう。

虫歯 歯周病
お口の中の状態
  • つわりで歯みがきがしにくくなる
  • つわりで一度の食事量が減り、食事回数が増える 虫歯になりやすいお口の中の環境に
免疫力の低下 歯周病になりやすくなる 歯周病菌が、陣痛にも似た筋肉の収縮を引き起こす可能性も 早産や低体重児出産のリスクを招く
対処法
  • 早めに歯科医院を受診
  • 初期の虫歯であれば、歯みがきやフッ素塗布で治癒することも
  • 日頃からきちんとしたお口の手入れを行う
  • 歯周病菌が棲みつく歯垢や歯石を除去

ご自宅でのケア方法

規則正しい生活を送りましょう

妊娠中は、心身の変化により不安定になりがちで、免疫力も低下しがちです。非妊娠時よりも、規則正しい生活を心がけましょう。ストレスは禁物ですので、自分が心地良いと思う程度の散歩などを生活に取り入れるのも一つの方法です。

フッ素やキシリトールで歯を丈夫に

フッ素やキシリトール成分を含む歯みがき粉やガムを生活に取り入れるのもいいでしょう。フッ素は歯の再石灰化を促し、細菌が増殖するのを抑えてくれる働きがあります。キシリトールはそのフッ素の働きを助ける役割を果たします。

お茶・お水を積極的に活用

どうしても歯みがきがつらいときには、お茶やお水を積極的に活用しましょう。食後にお茶やお水を飲んだり、お口の中をすすいだりするだけでも、お口の中の清掃になります。また、唾液の分泌を促進するので、細菌の増殖を抑えることにもつながります。

お子さんが生まれた方はこちらをチェックしてください。 小児歯科

Page top