歯ぐきから血が出る・口臭が気になる~歯周病治療~

本当は怖い病気「歯周病」

歯周病と聞いても他人事と思ってはいませんか? 初期では自覚症状がほとんどないため、歯周病に気付いてない方が多くいらっしゃるのが現実です。その患者数は日本人の成人で約80%とも言われており、実は歯を失う原因としては虫歯よりも多いと言われています。また、気付かずに放置して症状を悪化させてしまい、最悪の場合は全身に関わる病気にも影響してきますので、本当はとても怖い病気なのです。

歯周病は体にこんな影響を与えます

歯周病が悪化すると、歯ぐきやその周りの組織が炎症を起こし、最悪の場合、歯を失ってしまうことになり、食事など日々の生活に影響を及ぼします。また、最近の研究では、お口の中だけでなく全身の病気に影響することもわかってきています。

歯周病が引き起こす体のトラブル

  • 細菌性心内膜炎などの心臓病
  • 動脈硬化症など血管の病気
  • 脳卒中や心筋梗塞
  • 糖尿病
  • 早産
  • 肺炎などの呼吸器疾患
  • 骨粗しょう症

歯周病チェックシート

歯周病は目に見えない歯と歯肉の間の溝(歯周ポケット)で進行するため、自分ではなかなか気付くことができません。下記項目に当てはまるものがあったら要注意です。なるべく早くご相談ください。

歯周病検査方法

歯周病治療には様々なものがあり、進行段階に合わせた治療を行うことが重要です。進行段階を確認するため、当院では以下のような検査を行っています。

歯周ポケット検査
「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯周ポケットの深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。
歯の揺度検査 ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつき度合いを調べます。グラつきが大きいほど、歯周病が進行しています。
レントゲン検査 顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行しています。

歯周病の症状と治療法

進行段階
進行段階 症状
歯肉炎
歯ぐきに炎症が起きている状態。ブラッシングの際などに出血しやすくなります。歯周ポケットの深さは、3mm程度です。
軽度歯周炎
顎の骨が溶けはじめた状態。歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。歯周ポケットの深さは、4mm程度です。
中等度歯周炎
顎の骨が半分くらい溶けた状態。歯を指で押すとグラつきます。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。歯周ポケットの深さは、6mm程度です。
重度歯周炎
顎の骨の3分の2以上が溶けた状態。歯のグラつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。歯周ポケットの深さは、8mm程度と非常に深くなります。
治療法
歯みがき指導
おもに、ごく初期の歯肉炎に対して行います。一人ひとりのお口の環境に適した正しい歯みがき方法を指導します。
※歯みがきは歯科医院での治療と合わせて行うご自宅でのケアとなりますので、継続して指導することがあります。
スケーリング
比較的軽度な症状の歯周病に対して行います。「スケーラー」という器具を使って普段の歯みがきでは取り除けない、歯に付着した歯垢や歯石を除去します。
ルートプレーニング
スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケット奥深くにこびり付いた歯垢や歯石を「キュレット」という器具を用いて除去します。同時に、スケーリング後のザラついた歯面をなめらかに仕上げることで、汚れの再付着を防ぎます。
歯周ポケット掻爬
(そうは)術
軽度~中等度の歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔を行って歯周ポケット内の歯垢や歯石、膿、感染した組織を除去します。
フラップ手術
中等度以上の進行した歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔をした後に歯ぐきを切開して顎の骨からはがし、露出した歯根に付着している歯垢や歯石を除去します。また、感染した組織も取り除きます。

歯周病を防ぐためには、毎日の予防がカギになります。 予防歯科

Page top