入れ歯が合わない・替えたい~義歯~

満足のいく入れ歯で過ごしましょう

歯を失ってしまうと、残念ながら元に戻すことはできません。しかし、自分に合った入れ歯を使うことで、快適な食生活を送ることが可能になります。近年はインプラント治療が注目されていますが、お口の状態によっては治療できないこともありますし、なによりも費用の負担が大きいです。

入れ歯は種類がとても豊富なので、患者さんの状況によって使い分けることができます。これから入れ歯の使用を検討されている方や、今お使いの入れ歯に違和感がある方は、お気軽にご相談ください。

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯のメリット

  • 健康保険が使えるため治療費を抑えることができる
  • 合わなくなっても、修理がしやすい
  • 種類が豊富なので状況によって使い分けることができる
  • 前歯など目立つ場所できれいに仕上げたい場合は、自費診療を選択することで実現できる
  • 手術をする必要がない
  • 顎の骨や歯の状態にかかわらず作ることができる

入れ歯のデメリット

  • 固い物が食べられない、食べにくいことがある
  • 口の中に異物感があり、慣れるまで気になる
  • 保険適用の場合はフィットしにくい
  • 毎日のメンテナンスが面倒
  • 歯が欠けてしまうことがあり、そのたびに入れ歯を作り直さなければならない

保険と自費の入れ歯の違い


  • 保険の入れ歯

  • 自費の入れ歯

保険適用範囲内の入れ歯はプラスチック製なので、割れやすく厚みがあります。違和感がある、見た目が良くない、痛いなどの悩みのもとになりがちで、固定するための金具部分は残存歯へ負担をかけてしまいます。また、最初に作ってから6カ月間は再度の保険適用ができないため、合わない状態でも作り直せずに我慢しなければならない場合もあります。

一方、保険適用範囲外の入れ歯なら費用はかかりますが、金属やナイロン樹脂など、機能性・耐久性に優れた素材を使うことができ、見た目も使い心地も自然なものを得られます。装着していても快適に過ごすことができるでしょう。

取り扱い入れ歯

レジン床義歯
床(歯ぐきにあたる部分)がレジン(歯科用プラスチック)でできた、保険適用でつくる入れ歯です。強度を維持するために床が厚くなっており、慣れるまで使用感が悪いことがあります。また、見た目にも違和感が生じてしまいます。
金属床義歯
床が金属でできた入れ歯です。床を薄くできるため装着感がよく、熱伝導率が高いため食べものの温度が伝わりやすいのが特徴です。また、耐久性も高く長持ちし、雑菌や汚れが付きにくく衛生的です。床に使う金属には、ゴールド・コバルトクロム・チタンなどがあります。
シリコンデンチャー
床が弾力性のある生体用シリコンでできた入れ歯です。見た目が自然なのはもちろん、吸着・密閉性が高くフィット感に優れています。そのため、入れ歯と歯ぐきの間にものが挟まることによる痛みが軽減されており、硬いものもしっかり噛めます。
ノンクラスプデンチャー
バネ(クラスプ)のない部分入れ歯です。歯ぐき部分がやわらかいシリコンでつくられているためしっかりフィットするうえに負荷がかからないため、硬いものでも痛みなくしっかり噛めます。また、入れ歯を使っていることが周囲にわからない自然な見た目を実現します。
マグネットデンチャー
残っている歯根と入れ歯に磁石を取り付け、磁力で固定する入れ歯です。取り外しが簡単にできる一方、強力な磁力で固定されるため硬いものでもしっかり噛めます。また、バネを使用しないため、自然な見た目になります。
※磁石を埋め込む歯は神経を取った歯に限られます。
コーヌスクローネデンチャー
残っている歯根に内冠を、入れ歯に外冠を取り付け、茶筒のフタと同じように空気圧を利用してはめ込んで固定する入れ歯です。バネがないため見た目が自然で、安定した装着感が得られるため噛み心地に優れています。

自分の歯のような感覚で噛みたいという方には「インプラント」がおすすめです。 インプラント

Page top