親知らずが痛い~口腔外科~

親知らずとは

前から数えて8番目の歯が親知らずです(歯科医院などでは「第三大臼歯」「智歯」と呼ぶこともあります)。一般的に17歳から20歳くらいに生えてきますが、きれいにまっすぐ生える人は少なく、一部だけ歯が出ていたり、埋まったままだったりということも。人によっては先天的にない場合もあり、その場合はもちろん生えてきません。

親知らずはお口の奥の方に生えるため、歯ブラシが届きづらく虫歯になりやすい歯です。また、顎が小さいと生えてくるスペースがないため、正常でないかたちで生えてしまうこともあり、場合によっては抜歯が必要になります。

親知らずを抜く場合と抜かない場合

親知らずには、抜いたほうが良い場合と抜かなくても済む場合があります。自己判断は危険ですが、次のような例を参考にして当てはまったり気になったりすることがあれば、お気軽にご相談ください。

抜いたほうが良い場合 抜かなくても済む場合
  • 奥歯が虫歯や歯周病になりやすい
  • 奥歯に腫れや痛みがある
  • 歯みがきがうまくできない
  • 一部分しか生えていない
  • 横向きに生えてきている
  • 骨の中に完全に埋まっており、レントゲンで問題が発見された
  • 隣の歯を押しているなど歯並びに影響している
  • 手前の歯と同じように生えていて、歯みがきも問題なくできる
  • 骨の中に埋まっているが、腫れや痛みがなく、レントゲン写真でも問題がない
  • 他の歯へ悪影響を及ぼしていない

抜歯後の注意点

  • 血行が良くなると出血の量が増えます。歯を抜いた当日は激しい運動や入浴、飲酒は控えましょう。
  • 強くうがいをしてはいけません。歯を抜いた場所に血の塊ができ、これが出血を塞ぐ役割をしてくれているので、抜歯した日は口を軽くすすぐ程度にしてください。
  • 抜いた場所を傷付けないように、ご飯を食べるときはなるべく抜いた歯の反対側で咬んでください。歯みがきの際も歯ブラシがあたらないように気を付けましょう。
  • 血が止まらない場合は、ティッシュやガーゼを小さくたたんで歯を抜いた場所にあて、30分ほど圧迫するように咬みましょう。それでも出血するようなら早めにご相談ください。

その他のお口のトラブルについて

当院では、口腔外科に対応しています。口腔外科では虫歯や歯周病の治療だけでなく、歯の周辺やお口元のトラブルに対応します。ケガなど外傷はもちろんですが、顎関節症(※)や口内炎の治療など、お口元のことでお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。
※「口があかない」「顎がカクカク鳴る」といった顎周辺に起こる症状の総称です。

お口のトラブルでお悩みの方は一度当院までご相談ください。
04-2964-0640

Page top