親知らずが痛い~口腔外科~

  • TOP
  • 親知らずが痛い~口腔外科~

親知らずとは

親知らずとは

前から数えて8番目の歯を親知らずと呼びます(歯科医院などでは「第三大臼歯」「智歯」と呼ぶこともあります)。生えてくるのは一般的に17~20歳くらいのタイミング。ただし、人によっては先天的に親知らずが存在していない場合もあります。

親知らずとは

親知らずはお口の奥の方に生えるため、歯ブラシが届きづらく虫歯になりやすい歯です。また、顎が小さいと生えてくるスペースがないため、正しくない方向に生えてしまったり、最後まで生えてこなかったりといったケースも少なくありません。そのため、状況に応じて抜歯が必要となります。こちらでは、親知らずなどに対応する東村山(ラーレ東村山内)の歯医者「レイデンタルクリニック」の口腔外科についてご紹介します。

親知らずがもたらす影響

虫歯・歯周病 親知らずは正常に生えてこない場合が多く、さらに奥歯よりも後ろに生えるため歯ブラシが届きにくく、みがき残しが多くなりがちです。食べカスが残ると口臭の原因になるだけでなく、虫歯や歯周病にかかる可能性も高まるので注意が必要です。また、隣の歯肉に悪影響を及ぼすケースもあります。
全身への悪影響 親知らずが原因となる歯肉の炎症は、全身への悪影響胃につながる可能性があります。例えば、喉へ細菌が感染すると喉の下が腫れて、発熱や倦怠感といった症状を招くケースがあります。さらに、稀ではあるものの細菌が首や胸の周りにまで広がった場合は、内臓や心臓へ悪影響を及ぼす可能性もあるため、注意が必要です。
頭痛・腰痛 親知らずによって咬み合わせが乱れると、健康な歯並びに影響が与えられ、虫歯や歯周病のリスクが高まります。そして、虫歯ではない側の歯ばかりを使うようになると、今度は顎周辺の筋肉に負担がかかる場合も。さらに、顎周りの筋肉が緊張すると、首や頭の筋肉にも負担がかかり、血行不良による頭痛や肩こりにつながる可能性があります。

親知らずを抜く場合と抜かない場合

  • 親知らずを抜く場合と抜かない場合
  • 親知らずを抜く場合と抜かない場合

親知らずは、生えてきたら必ず抜歯しなくてはならない、というわけではありません。しかし、親知らずの抜歯は、自己判断が難しいものです。以下の例を参考にし、当てはまるものがあった場合や、気になる点があった場合は当院までご相談ください。

抜いたほうが良い場合 抜かなくても済む場合
  • 奥歯が虫歯や歯周病になりやすい
  • 奥歯に腫れや痛みがある
  • 歯みがきがうまくできない
  • 一部分しか生えていない
  • 横向きに生えてきている
  • 骨の中に完全に埋まっており、レントゲンで問題が発見された
  • 隣の歯を押すなどして歯並びに影響している
  • 手前の歯と同じように生えていて、歯みがきも問題なくできる
  • 骨の中に埋まっているが、腫れや痛みがなく、レントゲン写真でも問題がない
  • ほかの歯へ悪影響を及ぼしていない

抜歯後の注意点

  • 血行が良くなると出血の量が増えます。歯を抜いた当日は激しい運動や入浴、飲酒は控えましょう
  • 激しくうがいをしてはいけません。歯を抜いた場所に血の塊ができ、これが出血をふさぐ役割をしてくれているので、抜歯した日は口を軽くすすぐ程度にとどめましょう
  • 抜いた場所を傷つけないように、食事の際はなるべく抜いた歯の反対側で咬んでください。歯みがきの際も歯ブラシがあたらないように気をつけましょう
  • 血が止まらない場合は、ティッシュやガーゼを小さくたたんで歯を抜いた場所にあて、30分ほど圧迫するように咬みましょう。それでも出血するようなら早めにご相談ください

その他のお口のトラブルについて

その他のお口のトラブルについて

当院の口腔外科では、親知らずの抜歯等を含む、歯の周辺やお口元のトラブルに対応します。ケガなど外傷はもちろんですが、顎関節症(※)や口内炎の治療など、お口元のことでお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。
※「口があかない」「顎がカクカク鳴る」といった顎周辺に起こる症状の総称です

歯が原因の病気 抜く必要がある親知らずや奇形歯の抜歯手術
歯の移植 抜けてしまった奥歯の代わりに親知らずなどを移植する手術
お口の中のできもの 口内炎など、口内のトラブルに対する治療
口腔粘膜疾患 口内の粘膜部の病気やできものの治療
口腔ガン検診 視診と触診でお口の中にガンがないかを調べます
顔面・お口の中のケガ 歯、顔、お口の中の損傷や、顎や顔の骨折に対する治療
顎関節の病気 顎関節症など、顎の症状の検査と治療