歯を失ってしまった~インプラント~

最近話題のインプラント治療

歯には目に見えている歯冠の部分と骨の中に埋まっている歯根の部分があります。「歯を失う」というのはこの歯根の部分までなくなることです。

インプラント治療では、人工の材料で作った歯を支える大事な歯根(インプラント)を顎の骨に埋入。その上に人工歯を被せて失った歯の機能を取り戻します。他の歯に負担をかけずに独立した1本の歯を人工的によみがえらせることができるのです。自分の歯のように咬むことができるため、多くの患者さんがこの治療法を取り入れています。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリット

  • 顎の骨にしっかりと固定されるため、自分の歯と同様に咬むことができる
  • 咬む力も回復するため固い物も思いきり咬める
  • 隣の健康な歯を傷付けずに治療ができる
  • 見た目が美しい
  • 咬み合わせの崩壊を抑制できる

インプラントのデメリット

  • インプラントを顎の骨に埋め込むための手術が必要
  • 全身に疾患がある場合、インプラント治療ができないこともある
  • 良好な状態を維持するためには定期的なメンテナンスが必要
  • 保険適用外のため治療費が高額になってしまう

当院のインプラントが安心で安全なワケ

歯科用CTやオペ室など、大学病院と同レベルの設備を完備。精密な検査、正確な診断により、患者様一人ひとりに合った質の高い治療をご提供しております。歯科医師の技術と診断力を最大限に発揮し、患者様に安心して治療を受けていただける環境を整えています。

インプラント治療の流れ

納得のいくインプラント治療をするためには、きちんとした計画を立てその流れに沿って治療することが重要です。治療パターンにはいろいろありますが、ここでは基本的な治療の流れをご案内いたします。

カウンセリング

初診時に簡単な口腔内検査を行い、患者さんのご希望(費用や治療期間など)を伺います。その後、インプラント治療についてわかりやすく丁寧にご説明します。

精密検査

インプラント治療に先立ち、詳細な顎の骨などのデータを得るためにレントゲンはもちろん、より精密に顎の骨などの状態がわかるCT検査を行います。また、必要であればお口の衛生状態を整えるための歯科治療も行います。

インプラントの埋め込み

一次手術では、歯肉を開いて顎の骨にインプラントを埋め込み、歯肉を縫い合わせて閉じます。治癒期間を経てインプラントが骨の中でしっかりと接合されたら、インプラントのヘッド部分を露出させる二次手術を行い、インプラントと人工歯を接合するための接続部(アバットメント)を取り付けます。

人工歯の作成と装着

お口の中の型をとり、インプラントに接続するための人工歯を作製します。見た目や咬み心地に問題がなければ装着します。

メンテナンス

せっかく入れたインプラントもお手入れをしないと長持ちしません。正しい歯みがきでお口を清潔に保つように心がけてください。また、半年~1年に1回は定期健診でインプラントの状態をチェックしましょう。

インプラント以外にも歯を失った時の選択肢として「入れ歯」があります。 義歯

Page top