知って得する歯の豆知識!

歯っ!とする豆知識をご紹介します

80歳で20本以上の歯を残そう、という「8020(はちまるにいまる)運動」が日本で展開されています。しかし、調査によると、80歳の時点で残っている歯の数は、実際は約10本なのだそうです。こちらでは、ご自身の歯に興味・関心を持ってもらうきっかけになるような豆知識をご紹介します。ぜひ、「8020」の実現にお役立てください。

歯ブラシと歯みがき粉の選び方

歯ブラシは「大きさ」と「毛のかたさ」で選ぶ

「大きさ」は、歯列や口の大きさに合わせて選びましょう。大きすぎても小さすぎても、歯みがきしにくくなります。

「毛のかたさ」は、歯ぐきの健康状態によって選びましょう。多くの歯ブラシが「ふつう」ですので、歯ぐきが健康であれば「ふつう」を選びましょう。歯ぐきが弱かったり、血が出やすかったりする場合は「やわらかめ」を使い、やさしく歯みがきしましょう。「かため」がお好みの方は、強さや動かし方に注意をして、歯ぐきを傷付けないようにしましょう。

歯みがき粉は目的で選ぶ

歯みがき粉には、様々な成分が配合されています。本体や外箱に表示されている成分を確認し、自分の目的に合った成分が配合されている歯みがき粉を選びましょう。

【歯みがき粉の研磨剤が歯をどんどん削っていく?】
このような噂を耳にして、歯ブラシに歯みがき粉を少ししか付けずにみがいている方はいませんか? しかし、ご安心ください。確かに歯みがき粉には研磨剤が配合されていますが、正しい歯みがきの方法でみがけば、歯を傷つけることはありません。なお、歯みがき粉の適量の目安は、歯ブラシに1~2cmほどです。意外と多いと感じるかもしれませんが、配合成分の効果をしっかりと発揮させるためにはこのくらい必要なのです。

歯をみがくタイミング

「歯みがきは食後すぐが効果的」という考え方は、実は古いです。最新の研究で、食後すぐの歯みがきは食べ物の酸を歯に深く早く浸透させることになり、かえって歯にダメージを与えてしまうことが明らかになっています。歯を守る歯みがきのタイミングは、食後30分以上たってから。今日から実践してください。

実はたくさんあります。電動歯ブラシの種類

歯みがきは、小刻みな動きを長時間持続するお口のケアのひとつです。歯みがきが身体的負担になるお年寄りなどには、歯ブラシではなく電動ハブラシがよいかもしれません。
※ペースメーカーを使用している場合には使えません。
※歯並びが悪く、清掃のために歯ブラシの複雑な動きを要する場合には、電動歯ブラシでは十分に清掃できないかもしれません。

歯をみがく道具として、歯ブラシのほかに電動歯ブラシがあります。その電動歯ブラシにも、振動歯ブラシ、音波歯ブラシ、超音波歯ブラシといろいろな種類があります。一体どれを選んだらいいのか迷われる方も少なくないのではないでしょうか。

振動歯ブラシや音波歯ブラシは歯にあてておくだけで細かな動きをしなくてもみがけますが、超音波歯ブラシは歯ブラシと同様に細かく動かす必要があります。電動歯ブラシを使えば、どれでも楽にきれいにできるという訳ではないのです。

まずは各歯ブラシの特徴を知ること、各自のお口の中の状態を知ることからはじめ、それらから総合的に判断する必要があるでしょう。どれが一番よいということは一概には言えませんが、ご相談いただければアドバイスを差し上げることは可能ですので、お気軽にご相談ください。

虫歯や歯周病の予防に関する情報はこちらで紹介しています。 予防歯科

Page top